スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

美味しい打ち合わせ

  20時半 笠間市内「魚福 支店」にて打ち合わせ。

 笠間の陶芸家3人と木工作家、そして料理人。
 やきものと懐石料理のメンバーに誘ってくれた。私は4人とは、小学校・中学校は違うけど、幼稚園が一緒だったり、陶炎祭(笠間の陶器市)で子供の時から友達だったりで、うれしい組み合わせ。
 
 前菜・椀物・お造り・焼物・炊き合わせ・食事・デザート。器の担当を決める。料理人が料理を考え、それにあった器を作る。木工作家が演出の台をつくる、盆をつくる。

 今回で3回目の打ち合わせ。どんどんイメージがかたまり、9月に備える。

 途中、お寿司をいただく。


 料理人は、中国の日本大使館で公邸料理人を務めていたんですよ。 美味しい懐石料理と、三者三様の器。楽しい9月のイベントです。

牛タンとレモンの匂おう日

 


 はちみつの匂いのアーティチョーク。

 よくよく嗅ぐと天然ゴムの匂いのアーティチョーク。



 午前中、蒸し暑い中、大学へ向かう。
 横断歩道での信号待ちの間、牛タンにレモンのいい匂いが漂ってくる。

 残念ながら、答えはトラックの排気ガスの匂い。


 構内は草刈り後の、草の匂い。


 大学へは、舎人ライナーと都電荒川線で行ける。どちらで行っても、のどかで良い。

めぐる御徒町近辺

  

 ネックレス完成 午後11時。

 昨日収穫したビワをバックに撮影。


 
 午前中のバイトが終わり、御徒町へ。 お母さんお姉ちゃんと待ち合わせ。アメ横「かっぱ寿司」へ入る。回転寿司の「かっぱ寿司」ではありませんよ。でも、昼間は半額なので安かった。赤貝、穴子、美味しかった。
 
 今日の目的は「台東区デザイナーズビレッジ」、デザビレです。「carmine」を見る。小学校だった建物内が、デザイナー達の事務所作業場となっています。「carmine」では次の展示に向け、検品や仕分けの作業が行われていました。もとは職員室だった室内、事務的雰囲気、その中にあるカワイイ商品、良いバランスでした。最近は雰囲気作りに凝ったショップやデザイナーズブランドが多い。違う出発点からスタートしたのに、凝った行き先が意外と近いように感じる。「carmine」の商品はインパクトがあるので、職員室に置いてあっても、かわいい。

 次に向かったのが「おかず横丁」 戦前からの建物が残る情緒ある横丁。夕方前の午後の日差しが眩しい、和菓子屋の前でかき氷を食べる子供たち。

 おかず横丁を過ぎて、おしゃれ雑貨屋さん「SYURO」へ。

 ここから歩くこと浅草橋。クロちゃんに教えてもらったビーズ屋さん。一軒は5cm×8cmほどのパケに詰め放題100円です。もう一軒は貝やウッドのビーズ屋さん。

 9時帰宅。

 思い切って、ネックレス制作。完成を急ぐが成功への近道、悩まず作ろうをモットーに、で、出来ました。夜は判断が鈍るので、いまのところは完成止まり。明日の朝、良し悪しを考えよう。
 
 

蓮みる土曜日




 笠間市内のお米屋さん、小池商店。こめとぎゃらりー。
 
 毎年恒例となりました、観連会。 蓮を見ながらお茶をいただける素敵な企画です。

 お茶会は今日だけですが、蓮は今月末まで見られます。





 この蓮、とてもよかった。白色と形が絶妙。






 不忍池も早朝行くと、きれいな蓮が見事に咲いています。あまりはやく一人で行くと、身の危険を感じます。お気をつけて。

 


チーズフォンジュ

  先生方とランチ。
 ジャン・レノが御忍びで通うスイスレストランに連れて行ってもらった。
 トマトチーズフォンジュ。
 小さなパンや、焼き野菜、鳥肉を細長いフォークでフォンジュ。楽しくておいしいランチ。

 食後、フラフラと窯詰め。学生の作品にも絵付けを施す。似顔絵皿。窯詰めも、慎重さなく不安に終わる。手際の悪い掃除。掃除が半端に終わったところで帰宅。

 チーズフォンジュの白ワインで酔っ払った。

 帰りの電車は隣の人に寄されかかり睡眠。午後4時。

華厳寺、ユリ園、バス。

  岐阜県揖斐川郡谷汲の2日目。





 旅館があるのが、谷汲山華厳寺の麓。ユリのスケッチ旅だったけど、何やら素通りできそうにないお寺「華厳寺」に足が向いた。ユリ園行のバスを1本遅らせることに(次のバスは1時間半後になります)。平安時代から信仰が途絶えることなく続いている。前日に降った雨もあり、川の水量が多く、華厳寺脇を流れる川のしぶきが朝日に眩しく光る。




 思いがけない寺の重厚感に心躍る。






 スケッチ旅人が迷い込んだ千羽鶴の廊下




 無事、ユリ園スケッチを終え、名古屋へ。

 名古屋17時発 23時東京着 バスの旅は長い。



夜行バスからユリ(5日間の内訳)

 土曜日、岐阜へ行くこととなる。





 東京駅23時発名古屋行の夜行バス。名古屋から大垣。樽見線で谷汲口駅、さらにバス。着いたところは、ユリの園。

 元は競馬場だという土地にユリを植えたそうだ。
 

 10時から16時まで、スケッチをした。 






 疲れ果てて、旅館へ向かう。 

 「谷汲ユリ園」 ゆりさん、ゆりこさん、ゆりえさん、ゆりかさん、入場料無料です。

 
 

浅草

パフェ


 浅草の杏パフェ。デザインがよい。他の席に運ばれるバナナパフェやマロンパフェ、みな個性を尊重しつつシンプルにまとめられた、美しいパフェ。

 パフェはおまけ。主役はてんぷら。おいしいてんぷら。思い返せば、がんばって全部食べればよかったと、後悔。

 食に対して、弱気です。油もの。
 今日のてんぷらは、胃もたれしない優等生。

たけのこカット

  川沿いの散歩道、大々的に整備中。
 真竹が切られて、また出て、と繰り返しています。真竹は中華炒めにして美味しい。

 美容室に電話をしたら今日はお休み。
 お姉ちゃんに切ってもらいました。お礼に、川端から採ってきた真竹をあげた。これからタイカレーを作るそうだ。タイカレーができたら、もってきてくれるそうだ。ありがとう。